これだけは知っておきたい!工務店で家を建てるときに押さえておきたいポイントまとめ

このサイトでは工務店で家を建てる時にどうしても押さえておきたいポイントをまとめていきます。
大手住宅メーカーで建てる時は気にしなくて済む内容でも、特別に注意を払う必要が出てくるものがあります。
住宅は多くの技術者や職人が集まって仕事をするものなので、関係者の意思の統一が大事になってくるのです。
施主が示すべきは関係者が迷わない目標を示すことになるはずです。
この点を抑えさえすれば、失敗の多くを未然に防ぐことができます。

これだけは知っておきたい!工務店で家を建てるときに押さえておきたいポイントまとめ

工務店に住宅を依頼する場合はポイントを外さないことが必要です。
工務店とはそもそも建築工事を請け負うのが本来の仕事なので、設計は不得意な面があります。
設計は独立した設計事務所に依頼するとか、施主がプランを作るなどの工夫が必要となるでしょう。
大手住宅メーカーに期待するように、全てをお任せしてはいけません。
施主は明確にどんな家にしたいのかの方向性を示すことが必要です。
別の言い方をすれば、方向性を示さない場合は依頼するのは控えた方が良さそうです。

細部までチェックしておきたい工務店の契約書

住宅を取得する際には、大きく分けて2通りの方法があります。
1つはマンションや建売住宅の購入です。
すでに建設されたマンションや建売住宅を見て、その立地や間取りなどを考慮して購入するかどうかを決めるということになります。
住宅取得のもう1つの方法として注文住宅の建設があります。
この場合には、まだ建物が建っていませんので、建売住宅の場合以上に様々な手続きや注意が必要となってきます。
住宅の建設の際には工務店などに依頼して建設を行うことになるわけですが、最初に行うのが契約書を取り交わすということです。
その書類には、住宅建設に関わる詳細な事項が記されていますので、十分にチェックを行う必要があります。
特に問題となるのが、自分が思っていたことと違ったような物ができたり、必要としていないものが作られたりした場合です。
また代金などについても、自分が予定していない額が請求されたりする場合もあります。
そのようなことがないように、工務店と取り交わす契約書については細部にまでよく目を通す事が必要です。

工務店でマイホームを建てるときのスケジュール

マイホームを工務店に建ててもらうなら、スケジュールをしっかり検討することが大事です。
最初に行うのは土地を探すことですが、それを手伝ってくれるところもあります。
土地が見つかったら、どのような家を建ててほしいの相談するステップです。
それだけでなく、費用や工期などもこの段階で教えてもらうのが一般的です。
納得できるプランを提示してもらえたら、正確な見積もりをとってください。
その内訳に問題がなければ、いよいよ着工する段階に進みます。
基礎の工事からスタートして家を建てていきます。
エクステリアまで仕上げると引き渡しの前に、料金の支払いを行うのが一般的です。
現金の場合は大金なので、銀行の一室を借りて受け渡しすることもあります。
ただし引き渡しの前に入り、不具合がないか調べる時間をもらえることも多いです。
後はアフターサービスの説明を受けて、今後のやり取りの仕方を決めて完了します。
工務店によって違いはありますが、概ねこのようなスケジュールになっています。

費用を把握するために行う工務店の見積り

あれこれと要素が多くて具体的な費用が見えにくく、必要な資金が定まりにくいのが家づくりではないでしょうか。
費用を把握するには工務店に見積りを出してもらうのが一番で、工務店なら見積りを見ながら削れるところを提案したり、他の代替案を提案してもらえます。
工務店は家づくりの専門で頼りになる存在ですから、相談するだけでも最適な相手となります。
勿論、本業はあくまでも建築なので、設計図を元に家を建てるのが本職ですが、相談も大歓迎で予算や資金の相談にも乗ってくれます。
自分ひとりであれこれ考えても、いくら必要でどう資金を確保したら良いか見えない場合は、工務店のような頼りになる相手に相談することをおすすめします。
そして希望を伝えたり話し合って欲しい家のイメージを具体的にすること、金銭面も明確にして把握することが大事です。
このように相談して金額を算出してもらえばイメージが掴めますし、見直すべき点も見えてきて、更に具体的な形が出せるようになるのではないでしょうか。

工務店で家を建てても利用できる住宅ローン

憧れのマイホームを手に入れたいという方は、非常に数多くいらっしゃるでしょう。
家族全員が末永く暮らせる家があることは、至福の喜びといえます。
約4000万円以上もする高額な買い物であるため、大半の方は35年のローンを組むのが必須です。
そこでここでは、工務店を活用して家を建てる際に利用できる住宅ローンについて、詳しく見ていくことにしましょう、ハウスメーカーだと建て売りとなるので、広告などで記載されている価格でしか購入をすることができません。
ところが工務店の場合は、助成金制度を活用して購入をすることが可能です。
2010年から各自治体では、再生可能エネルギーと断熱施工を実施する住宅に対して最大で60パーセントの補助を支給されます。
これは工務店のみでしか対応をされておらず、割安価格で住まいと手に入れることが可能です。
35年の借り入れではなくなるため、スムーズに返済をおこなって早い時期に完済を実現できます。

著者:伊沢淳

筆者プロフィール

東京都江東区生まれ。
結婚を機に、工務店で家を建てました。
この経験をもとに、工務店に関する記事を書いています。
倉敷 工務店